訪問診療

院長インタビュー~訪問診療への思い~

困っている人のもとへ医療を届けるのは
かかりつけ医として当然のことだと思っています

訪問診療・往診に力を入れられている理由は?

私は脳神経外科専門医なのですが、脳梗塞の後遺症で動けないなど、脳神経外科の患者様には通院が困難な方が大勢いらっしゃいます。
また脳神経外科の患者様に限らず、心不全や呼吸不全が進行して歩けない方、高齢のため通院できない方、認知症のため外出できない方、骨折などで筋力が低下して歩けない方、さらにはうつ症状で外へ出られない方など、医療を必要としていながら通院できずにいる方はたくさんおられます。
そうしてお困りの方のもとへ医療をお届けするのは、医師として当然のことだと考えていて、訪問診療・往診は自分の中で“特別なこと”ではなく“当たり前のこと”という感覚です。

訪問診療・往診の対応エリアは?

西成区を中心に、天王寺区、弁天町、今里、鶴橋、八尾などのエリアに対応しております。
これ以外のエリアにお住まいで訪問診療・往診をご希望の方は、一度お気軽に当院へお問い合わせください。

どんな方が訪問診療・往診をご利用になられていますか?

脳疾患の後遺症がある方、認知症の方、骨折やお体の衰えなどで通院が困難な方などです。
症状・病気に制限はなく、通院が困難で医療を必要としている方であれば総合的に対応させていただきます。

どんな検査・治療が受けられますか?

点滴、カテーテル管理、血液検査、エコー検査、心電図検査など、クリニックでの診療と比べても遜色のない診療を受けていただけます。
ハンディタイプのエコーや心電図もご用意していますので、ご自宅でも適切な診査・診断を行うことが可能です。
万が一、体調が急変した場合には24時間365日対応可能で、お薬も連携する薬剤師がご自宅までお届けいたします。
また近隣の訪問看護事業所やデイケア施設などと連携していて、「自宅で療養したい」という方のご希望にお応えすることができます。

かなり幅広く対応されていますが、そのモチベーションの源は?

やはりそれは“私が医師だから”ではないでしょうか?
医師であれば、症状・病気でお困りの方の力になるのは当たり前のことです。
特に“かかりつけ医”である以上、診療室で患者様を待つのではなく、お困りの方のところへおうかがいして診療を行うべきだと思っています。

コロナ禍の現在、訪問時にはどのような対策を行われていますか?

医師・スタッフ全員が感染防止に努め、日々、健康管理を徹底して患者様への感染を防ぐようにしています。
もちろん、訪問時にはマスクを着用し、消毒を行って清潔な状態でおうかがいさせていただきます。
できる限りの感染対策を実施して、訪問診療・往診をご利用になる患者様やそのご家族、施設のスタッフの方の安心に繋げるようにしています。

訪問診療・往診のご利用を検討中の方にお伝えしたいことは?

高齢化社会の今、訪問診療・往診のニーズは高まっており、今後ますます重要になってくると考えています。
みつば会総合クリニックでは、医療を必要としていながら、脳卒中などの脳神経外科疾患の後遺症により通院が困難な方、また認知症で外出が難しい方などのために、訪問診療・往診を積極的に行っております。
西成区を中心に、天王寺区、弁天町、今里、鶴橋、八尾などのエリアに対応していて、訪問診療・往診であっても必要とされる検査・治療、また高度な医療をご提供することが可能ですので、ご利用を検討中でしたらお気軽にご連絡ください。

06-6633-3636

オンライン診療